不動産鑑定

不動産鑑定

土地持ち貧乏にならないために

「土地持ち貧乏」という言葉、聞いたことありますか? 土地持ち貧乏とは ・土地を持っているけれど、自分ではお金持ちな感じがしない ・他人から見たら、土地を持っている地主だが、本人はお金に困っている つまり現金や金融資産を持 […]

不動産鑑定

相続財産評価 2億円が9百万円に

相続財産の評価を依頼されました。 山林・原野を税理士さんに評価してもらったら、2億円程度と言われたのですが、どうしても納得いかない。鑑定評価できちんと見て欲しい、という事でした。 現地調査して、出した評価は9百万円を切っ […]

不動産鑑定

平成26年基準地価が発表されました。

9月19日に発表された基準地価ですが、栃木県内でも上昇から横ばい地点がちらほら。打ち合わせに行ってもその話が出てきます。一応明るい話題なんでしょうけれど、郡部の地価は、底なしです。下落幅が小さくなったとなっていますが、正 […]

不動産鑑定

土砂災害警戒区域の指定は地価が下がるか?

先頃の長雨では、広島市安佐南区が甚大な被害を受けました。被災者の皆様にはお見舞いを申し上げます。 この事件で一気に有名になったのが「土砂災害防止法」という法律ですね。法律の細かい話は下記のリンクから見て頂くとして、問題は […]

不動産鑑定

寒い日の調査にはホッカイロ

先週末、積もった雪が融けないところがあるというのに、また今週も雪が降ってきています。そんな日の現地調査にはホッカイロが重宝します。 寒い日にホッカイロなんて当たり前と言えばその通り。カイロを使う理由の一つは、かじかんだ手 […]

不動産鑑定

争族。嫁の立場は哀しいかな。

相続人となれるのは、まずは配偶者と子で、それらが居ない場合に、親であったり兄弟であったり、又は孫が代襲相続できます。 子にはその配偶者、つまり嫁さんは含まれません。ですから、いくら介護で献身的に尽くしても、相続発生時に財 […]

不動産鑑定

遺言を「書いてもらう」ことの難しさ

1年間に亡くなる人の数、つまり発生する相続の数は110万件以上だそうです。その中で遺言を書いている人は何人いるのでしょう。 ちなみにそのうち相続税が発生しているのは4%程度ですが、これは税務申告をした人の数ではありません […]