不動産鑑定

新年度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月になりました。
新年度で、ワクワクされている方もいらっしゃるでしょう。
期が変われば、人も変わります。
人事異動のこの時期は、評価関係の発注は官民問わず少なくなるので、仕事に余裕が出来ます。去年は丁度金沢に旅行に行っていました。今年は何となく行きそびれてしまいましたけど。
新しい出会いがあったりもするわけですが、ちょっと困るのは役所の人事異動です。
専門職の方は、同じ部署にずっといらっしゃいますが、だいたい2年くらいで交代してしまいます。短い人は1年とか。
何が困るのかというと、新任の職員が仕事を覚えるまで、こちらもお付き合いしないとならないことです。
例えば調査に行って、窓口で質問したところ、どの資料を見て回答したら良いかわからなくて、右往左往される方。
こっちは何年もやって見ていますから、どの資料がどの辺にあるか知っていたりします。「あの~、その戸棚の3段目に入ってるんですけど~。」と声を掛けたいのを我慢して待ちます。資料が出てくるまで、時間がかかり、調査で思わぬタイムロスをすることもあります。回答についても、逆にこちらで、確認する風にして補足してあげることもあります。このとき相手に恥をかかさない様に気をつける必要が有ります。
これも新任職員さんのため。ひいては今後の自分たちの調査のためです。
だいたいこの状況は6月頃まで続きます。
今日は某市役所に行って、異動の確認をしてきましたが、自分が関係する課の現場の人達は、ほとんど異動が無かったので、一安心です。ただ、係長、課長クラスが動いたところがあり、その辺の部署で方針が変わるのではないかという懸念がありますが。
まあ、新しく来た職員の皆さん、一年間よろしくお願いしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告