不動産鑑定

相談の結果(思い出した話)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の話、思い出しました。
相続対策の相談を受けたのですが、いろいろ話を聞いて、依頼者にベストな方法をアドバイスし、「ありがとう」と言われるのが、相談業務のだいご味です。
相続の場合、鑑定評価によって相続財産の価格を圧縮し節税するという手法は有効です。
しかしあくまでも、鑑定評価は実際の市場価格を提示するわけで、意図的に価格を安くするわけではありません。
したがって、整形で全く悪いところの無い土地(たとえば市街地の区画整理地や、最近の分譲住宅地)等の場合は、相続税路線価による評価の方が安くなる場合もあります。
自分が相続対策を事前にやる場合、依頼物件を調査して、相続税評価のシミュレーションをします。
その結果、相続税路線価での評価の方が安いと判断したら、そう伝えます。
先日の案件は、3物件のうち、2つは路線価による評価の方が安いと判断しました。
まあ評価以前に、名義や権利関係の整理を進めた方が良いという結論に達したため、評価にはつながりませんでしたが。
結局相談料はもらったものの、評価の仕事につながらなかったわけですが、本当に感謝されたので、良しとしたいと思います。
頼られるだけでも、専門家としては有りがたいと思います。
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告