Uncategorized

インスペクション活用により中古住宅流通の活性化 改正宅業法が閣議決定される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、宅地建物取引業法の一部を改正する案が閣議決定されました。 参照URL http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=46546 住宅ストックの有効活用や、既存住宅流通市場の拡大による経済効果の発言およびライフステージに応じた住み替えを円滑にすることによる豊かな住生活の実現・・・といった政策課題に対して、宅建業者が既存住宅の取引時において専門家によるインスペクションを活用することによって消費者が安心して既存住宅を売買できる市場環境の整備を図るものとなっています。 なお、この法案の内容については、既存建物を取引する際、情報提供を充実させるため、媒介契約を結んだ際に建物状況調査を実施する者のあっせんに関しての事項を記載した書面を依頼者へ交付する、買主に対し建物の状況調査の結果概要などを重要事項として説明すること、さらに売買などの契約成立時には建物の状況について、当事者同士が確認した事項を記載すること、確認した事項を記載した書面を交付すること・・・などが盛り込まれたようです。 また、消費者利益の保護を強化し、従業者の資質向上のため、営業保証金制度などによる弁済対象から、宅地建物取引業者を除外し、事業団体に対する従業者への対外的な毛入実施努力義務の賦課も記載されているようです。 このことにより、インスペクションを知らない消費者のサービス利用促進や、建物の質を踏まえた上での購入判断や交渉の普及、またインスペクション結果を活用した既存住宅売買瑕疵保険加入への推進・・などが期待されています。 なお、今回の法律改定によって、2025年までに既存住宅流通の市場規模を4兆円から8兆円へ、インスペクションを受けた既存住宅売買瑕疵保険の加入割合を5パーセントから20パーセントへ引き上げることが期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告