Uncategorized

10月から11月の木造3階建て住宅棟数は6464棟に 国土交通省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は先日、2015年10月~12月分の木造3階建て住宅及び丸太組構造建築物の建築確認統計を発表。 参照URL http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=46582

その発表によりますと、10月の木造3階建て以上の住宅の棟数は2311棟となっており、前年同月比2.0パーセント減となりました。 このうちの防火地域内の棟数は28棟で、準防火地域内の棟数は1685棟でした。 木造3階建て以上の共同住宅については、棟数が155棟、戸数が1385戸で、前年同月比はそれぞれ7.パーセント増で11.6パーセント増となりました。 このうち防火地域内の棟数は3棟で、準防火地域内の棟数は108棟となりました。 なお、丸太組広報建築物の棟数は53棟で、前年同月比3.9パーセント増となりました。 11月の木造3階建て以上の戸建て住宅の棟数は2076棟となっており、前年同月比18.0パーセント増となりました。 このうち防火地域内の棟数は29棟で、準防火地域内の棟数は1515棟でした。 木造3階建て以上の共同住宅については、棟数が159棟、戸数1416戸となり、前年同月比はそれぞれ27.2パーセント増加しており、49.5パーセントでした。 このうちの防火地域内の棟数は7棟で、準防火地域内の棟数は124棟でした。 丸太組構造建築物の棟数は55棟、前年同月比34.1パーセントでした。 12月の木造3階建て以上の戸建て住宅の棟数は2077棟、前年同月比4.7パーセント増で、このうち防火地域内の棟数は40棟、準防火地域内の棟数は1532棟です。 木造3階建て以上の共同住宅については、棟数140棟、戸数1256戸で、前年同月比はそれぞれ25パーセント増、21.6パーセント増となりました。 このうちの防火地域内の棟数は3棟で、準防火地域内の棟数は106棟でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告