Uncategorized

年間成約件数 売買件数10件以下、賃貸50件以下が過半数を占める 土地総研

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土地総合研究所は先日、不動産業についてのアンケート調査結果を発表しました。 参照URL http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=46595 2015年4月、不動産流通に関しての研究会を設置する前、不動産流通市場がうまく機能しているかどうか、また機能するための条件があるかどうかについて、現状を確認することを目的に実施したものです。 不動産業状況調査対象となっている、不動産流通事業者や、ホームナビ会員、都道府県宅地建物取引業協会会員、などを対象として、1000社を対象に郵送で配布・回収しました。 不動産売買仲介業務において、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の比重について聞いてみたところ、一番多い回答は一般媒介が「4分の1未満」で31.6パーセント、専任媒介が「4分の3以上」の22.7パーセント、専属専任媒介がほぼ0パーセントとなっており、媒介契約としては、専任媒介が最も多くなっていることが分かりました。 典型的な不動産事業者についての単純集計は、一般媒介が「4分の1未満」で27パーセント、専任媒介が「2分の1以上4分の3未満」で21.4パーセント、専属専任媒介がほぼ0パーセントで11.9パーセントで最多回答でした。 なお、仲介の年間成約件数は、売買仲介は10件以下が、また賃貸仲介では50件以下が過半数を占めました。 そのうち典型的な不動産事業者については、売買仲介契約件数が10件以下となっており、賃貸仲介では50件以下がそれぞれ7割を占めました。  仲介の年間成約件数については、売買仲介では「10件以下」が、また賃貸仲介では「50件以下」が過半数を占めた。  うち典型的な不動産事業者については、売買仲介の契約件数が「10件以下」、賃貸仲介では「50件以下」が、それぞれ7割強を占めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告