不動産鑑定

収益物件の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に鑑定ネタです。
テナントビルの評価をしています。
テナントビルなどの収益物件というやつは、家賃の合計を利回りで割り戻して求める収益還元法というのをメインに評価します。簡単に言うと、このビル(マンション)を買ったらいくら儲かるかという話です。
今回の物件の厄介なところは、テナントがビルオーナーの関係会社で、家賃が相場より安いこと。
つまり収益が低いため、価格も安くなってしまうことです。
これに対して、土地建物を積算した価格は、収益価格の1.5倍くらいになってしまいます。
家賃がちゃんともらえていれば、価格は同じくらいになるはずなんですけどね。
さあ、どう決めようか?
結論は、やはり買う人にとっては、「いくら儲かるか」というのが主眼になるはずですので、収益価格を重視します。
あくまで「重視」ですから、その価格をそのままつけるわけではありませんが。
一般論でブログに書けるのはこの辺までかな?
↓閉じる前にクリックお願いします。やっぱり、鑑定ネタはなかなか難しいです。
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告