Uncategorized

女性のDIYへの関心のトップはインテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電動工具メーカーであるブラック・アンド・デッカーによる調査によると、DIYに関してのアンケート調査を発表し、調査対象となったのは一都二府七県に住んでいる男女1000人で、調査日は2015年の11月でした。

参照URL http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=45850

それによるとDIYへの関心度は女性は実践しているが14パーセントと前年比倍増で、関心があるは58パーセントと前年比で6ポイント増加と顕著な伸びを示しました。 男性は実践しているが約23パーセントと前年比で4ポイント増加しましたが、関心があるについては約68パーセントと減少したようです。 なお、DIYに関心を持っている理由としては、女性は自分好みの家具や雑貨を作りたいが52.1パーセントとトップで、次が自分でやると節約になる、ものづくりが好き・・となっています。 男性はトップがものづくりが好きの64.0パーセントで、自分でやると節約できるが49.0パーセント、自分好みの家具や雑貨が作りたい・・が36.3パーセントと続いています。 現在行っているまたは、今後行いたいDIYについては、女性のトップ3がインテリアの模様替えや装飾で40.7パーセント、クラフト・工芸が36.2パーセント、ガーデニングが32.4パーセントとなっており、男性のトップ3は住まいの修理やメンテナンスの45.4パーセント、家具の組み立てが32.2パーセント、ガーデニングが30.7パーセントとなっており、上位のほとんどは住居に関してのものだということが分かりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告