Uncategorized

インフラ長寿命化への取り組みの進捗状況発表 国土交通省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は2015年12月4日、5月に定めた国土交通省インフラ長寿命計画の取り組み内容について、このほど進捗状況をまとめて発表しました。

参照サイト: 国土交通省インフラ長寿命計画

2013年11月に行ったインフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議において、決定されたインフラ長寿命基本計画に基づいて、インフラの所管者や管理者が、インフラの維持管理や更新などを推進するための取り組みの方向性を明らかにしたもので、国土交通省は全府省庁に先駆け、策定しました。

ポイントは国土省全体のインフラ老朽化対策の進捗状況を見える化したことにあります。

14年度までに基準を策定し、それに基づいた点検を始めており、点検結果を踏まえて順次修繕を実施することになっています。

さらに、基準類や情報の基盤整備も進めていくと同時に、個別施設計画の策定や推進を行って、新技術の開発や導入も推し進める予定です。

 

公営住宅やUR賃貸については、3年に1度建築基準法に基づいた点検を実施していくとし、すでに全物件について点検が終わっています。

また、修繕対象についても、UR賃貸では100パーセント、公営住宅では38パーセント修繕が終わっています。なお、基準額の整備についてもUR独自のマニュアルなどの改訂についてはすでに公表されており、公営住宅当長寿命化計画策定指針の改訂についても、15年度中に取りまとめられる予定です。

外壁診断技術などの点検や診断技術の開発などについても、現在現場で実証を進めていて、17年度以降に現場導入される見込みであることが発表されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告