Uncategorized

東京で一人暮らし独身35歳が家を購入する際のコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまで経っても自分のものにならないものに家賃をずっと払い続けるのはもうやめたいと思っている人は多のではないでしょうか。

ですが、実際に家を購入しようとすれば、考えるべきことが多すぎて二の足を踏んでしまうでしょう。

では、どういったことに注意すればいいのでしょうか?

 

一番重要なのが大きなリスクを背負わないということでしょう。実際には家を購入することで、大きすぎるリスクを知らない間に取ってしまっている人が非常に多いのが日本の現状です。

住宅ローン破たんという言葉を一度位は聞いたことがあるはず・・・。

そこで、まずはこのリスクを軽減するための条件を押さえておいて欲しいです。

 

とは言っても、大きく分けると2つしかありません。

 

まず1つ目は、完済しやすいことです。

要するにお金をかけすぎないということですね。

働き続けられるかどうかのリスクをここで抑えるわけですね。

ですが、これは最終的に自分の見栄との戦いとも言えます。

 

次は貸せる可能性のある立地を選ぶことでしょう。

もし、何らかに事情で購入した家に住めなくなっても、資産性の高い物件ならそのリスクを抑えられるというわけです。

この場合の条件としては、利便性のある駅から徒歩10分位ならかなり可能性が高くなると判断できますね。

 

もし、新しい住まいを検討しているなら、将来のリスクと資産性を考慮しつつ、理想のライフスタイルの設計を助けてくれるような住宅会社に相談してみるのがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告