Uncategorized

同居・近居のきっかけとそのメリットとは?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)のインターネット調査によれば、五大都市圏の15歳以下の子どもを持つ20歳から49歳の男女の親世帯と同居や近居を始めたきっかけで最も多かったのは、結婚という結果が得られました。

参照サイト http://www.ur-net.go.jp/kinkyo/2/

特に結婚と答えたのは20代でもっとも多く、若い世代において結婚を機会に同居や近居をすることが最近のトレンドだと分かりました。 次に多かったのが住宅購入や出産、経済問題・・となっています。

さらに、親世帯と同居や近居している人にメリットを聞いてみたところ、同居している人は子どもの緊急時にすぐに対応してもらえるというのが多く、また近居者では孫の成長する姿を見せられるというものが一番多かったです。 すなわち、同居者も近居者も親世帯による子育てに支援で非常に助かっていることや、近居者に関しては親世帯に孫の姿を頻繁に見せられることをうれしく思っていることが分かりますね。

結婚や住宅を購入する際、住まいの形を改めて見直す時に、子供世帯が親世帯に対してどういったことを期待しているのか・・を質問してみますと、同居者は子どもの緊急時に即対応してもらえることが一番多く、次に不在時にサポートしてもらえるが多く、次が子どもの教育の支援となっています。

この調査を行った機構では、近居者の4人に1人はお互いの世帯の交流ができることを期待しており、親世帯が近くに住んでいることを子ども世帯は喜んでいるようだと指摘しています。 また、孫と祖父母が頻繁に交流できることも、同居や近居のメリットであるとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告