Uncategorized

日本でも広まりつつあるホームステージング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の新築マンション販売の現場では、ゴージャスなモデルルームが用意されていたり、映像などがあったりして、販売促進するのが一般的のようですが、中古物件の売買に関しては、そのような演出などを行うことはまだ一般的になっていません。

しかし、アメリカにおいては、その演出が専門家してビジネスとして成立するほど普及しているのをご存知でしょうか?

参考サイト 日本ホームステージング協会
http://www.homestaging.or.jp

演出と言っても、ただ豪華に飾り立てるだけでなく、ストーリー仕立てで購入する人の趣味などを考えながら進めていきます。 統一感のある家具やインテリアを調達して設置するのです。

このホームステージングというものは、空き物件に行われると限ったものではなく、現在住んでいる物件の売買においても必要不可欠なものです。 現在居住中の場合、その部屋には居住者の生活品が置かれているので、そのまま使うのですが、合っていない場合には片づけるようにし、購入したい人のイメージに沿うようなホームステージングを行います。 食器や小物類も同様です。

最近では日本においてもこのホームステージングの導入を行おいうという動きがあり、どういった商品であっても、それを売るためには演出する必要があります。 もちろん、住宅であっても・・・ですね。

日本ではまだ新築至上主義が根強いので、消費者に中古物件へ目を向けてもらう必要があります。 この物件にぜひ住んでみたい、買いたい!と思わせるような工夫が新築の物件以上に求められるのです。

現在では、中古住宅の売買の活性化に向けて、色々な対策が進められており、ホームステージングの普及こそがこの流れをより強いものにする手段になるのは間違いないと言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告