Uncategorized

マイホーム購入で人生が楽しくなったと言う人は7割にのぼる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産情報サービス会社のアットホームが実施したマイホーム購入に関する満足度に関する調査結果によると、マイホーム購入で人生が楽しくなったという人の割合が7割にものぼることが判明しました。

参照PDF http://athome-inc.jp/wp-content/uploads/2015/11/15110601.pdf

調査対象は、3年以内にマイホームを購入した620人を対象としたもので、対象の住宅は、新築、中古の一戸建ておよびマンションです。
マイホーム購入を後悔しているという人の割合はわずか8.5%しかおらず、後悔していないが73.4%にものぼることから多額の住宅ローンを組んで、苦労しながらマイホームを手に入れたとしても、その生活は非常に充実したものになっているという実情が明らかになっています。

また、マイホームを購入する際の苦労した点において、最も多かった回答が「希望に合う物件が見つからなかった」ということで、物件探しにはいずれの世帯もとても苦労していることがうかがえます。

その他にも、「不動産会社とのやりとり」や「配偶者との意見調整」といった点を住宅購入の際の難しい点として取り上げている人も多く、住宅購入の際には夫婦間でしっかりとした意見調整が必要であるとも言えます。

また、マイホームの満足度にかんしては、新築一戸建て住宅に対する満足度が最も高く、一番低かったのが中古一戸建て住宅となっています。最新の一戸建て住宅と築年数が古い中古住宅とでは住宅性能に大きな開きがあるために、住み心地といった面で、室内の温かさ、冷暖房の効きなどにも違いがある為このような点が影響していると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告