Uncategorized

7割程度の人がまだマンション価格は高いという調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイルアクト株式会社の調査結果が10月29日発表されました。
大変興味深い調査となっているので、ぜひここでご紹介してみたいと思います。

参照URL https://www.sumai-surfin.com/enquete_result/id25_31.php

この調査は第31回マンション購入意識調査というもので、この会社が運営している住まいサーフィンというサイトの会員登録者の人の中で、最近3カ月以内の間に新築マンションの販売センターに行ったことがある人を対象としたものです。
この調査の調査期間は10月6~9日で、有効回答数は104件となっています。
この調査の中で、現在の物件の購入価格への意識というものについて、高いと答えた人が68.5パーセントと最も多く、2013年の7月に同じ調査をした時より回答が増えています。
特に、東京23区内で購入を検討している人は、72.4パーセントの人が高いと答えているのが特徴です。
さらに、購入するのをあきらめた物件について、再検討する価格下落率についてでは、15パーセント以上下落したらという回答が95.1パーセントとなっており、購入を検討している人の値ごろ感に加え、物件の価格水準の乖離が進行しているということが伺えます。
さらに、今マンションを買い時だと感じますか?といった質問に対しては、買い時ではないといった答えが、買い時の回答率を上回っており、買い時DIは前回の調査に比べて6.7ポイントマイナスとなっています。
また、東京23区で購入を希望する人は、同比10.3ポイントのマイナスとなっており、その他の地域より落ち込む結果となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告