Uncategorized

街づくり、五輪後も見据えて国土交通省と東京都が連絡協議会を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すでにオリンピック開催決定の影響とも思われる地価の上昇も見られる中で、国土交通省と東京都が、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた連絡協議会を開催しました。会議の中において、渋谷駅や品川駅といった鉄道の主要な駅の再整備、水素社会の実現に向けた街づくりといった、東京オリンピックに向けた先進都市東京を作るべく行政が動き始めています。

参照URL http://www.livable.co.jp/shiritai/column/news/2015/080701.html

 その協議の中では、東京の国際競争力強化や臨海部・都心部等における移動の確保・拡充、豊かな環境都市の実現といった項目がうたわれていて、大都市東京が更に魅力的な町並みに生まれ変わる可能性が秘められています。
 オリンピック選手団を輸送するための交通網の再整備や空港近辺の再開発も活発化が予想され、場合によっては、東京都全体の価値が上昇することも予想されるので、東京近辺での不動産の購入を考えている場合には、近い将来の地価の上昇も見据えた物件を選択することも重要になってくるといえます。
 オリンピックの開催時をピークとするのではなく、その後の社会発展も見据えた都市開発を行っていくとのコメントも出されているので、これからオリンピック開催、そしてその後の首都近辺の不動産関連情報については、注目していくことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告