不動産鑑定

現地調査のがっかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は現地調査の楽しみについて書きましたが、今日はがっかりなことです。
なんと、新しいバイパスが完成していました。
芳賀町役場から市貝町役場にかけて、全く新しい道が通っています。
P4130010.jpg
これで、芝桜公園へは少しだけ行きやすくなりましたけど、他に何か良くなるのかな?別に旧道がひどい渋滞があったわけでもないんですけど。
自分の身の回りではそれくらいです。
財政再建団体へ今にも転落しそうな栃木県がやる公共事業として、どれだけ経済効果があるのかはわかりません。
そもそも不動産鑑定士は、昭和40年代に公共事業で土地を取得するために適正な価格を鑑定するのが目的で造られた制度ですから、公共事業があるのはすなわち仕事があるということで、喜ぶべきことです。でもまあ、それは一部の昔から鑑定業をしている人たちの話で、全員ではありません。
で、何ががっかりかと言うと、自然が破壊されてしまったことです。
もともとこの道路のあたりは、農地や山林でした。それが切り崩されて、道路になったわけです。
芝桜公園ができたときもそうでした。
自分が芝桜公園ができた年に初めて行ったのですが、駐車場からの道には毛虫がたくさんいました。
「何でだろう?」単純に周りの林から出てきただけでしょうか?
自分はこう考えます。毛虫を食べる鳥がいなくなってしまったのではないか。つまり、生態系のバランスを壊してしまったのでしょう。
がっかりです。
そう考えると、綺麗な芝桜も恨めしく思えます。
あ、これ以上はやめておきます。
↓閉じる前にクリックお願いします。はぁーあ。
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

広告

 

コメント

  1. MUTSUMI より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私の家の周りでも どんどん開発がすすんでいて、うっそうと茂っていた木々が切り払われて宅地になったりしています。すぐ近くにある神社も 周りの木がなくなって気の毒な状態になっています。宅地など、意味のある開発はまだしも、あまりよく意味のわからない開発は避けて欲しいものです。

  2. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    人間の数より虫の数が多いから毛虫なんて昔からそこらじゅうにいますよ。
    そんなこと言ったら宇都宮郊外の宅地とかも十分大規模な自然破壊してきたんじゃないでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    その通りです。これまで人間の経済活動=自然破壊と言えると思います。自分たちもその恩恵を被っていますから、これを悪いと言ってしまっては元も子もありません。
    でも自分が小さいころ遊んでいたような自然が無くなっていくのはさびしい。だから「がっかり」なのです。
    矛盾していると思われるかもしれませんが、そういう気持なのです。

コメントは停止中です。