不動産鑑定

戸建て住宅は築20年で無価値!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく上物に価値なしと言われ、実際に築20年ほど経つと査定は無価値に近くなってしまいます。

しかし、海外ではメンテナンスが良ければ逆に価値は上がっていくのが普通です。

なぜ海外では価値が上がり、日本では価値がなくなるのか?その辺を解説したいと思います。

まず海外、特に米国では住み替えが頻繁で『投資』という意識が強く、高く転売できるように購入後もメンテナンスするのが常識となっています。また、中古住宅に対する認識も日本とは違い、新築住宅は建物の不具合の有無、新興住宅地は近隣にどのような住民が住むかわからず、街並みも将来的にどうなるのかわかりません。そのため新築・新興物件はリスクが大きいと判断され、また新築よりも中古の方がリスクが小さいと考えられるため、築50年超えの木造住宅の売買も珍しくありません。
古い家を買っても、将来より高く売れる可能性があるため、住宅購入が個人の資産形成につながっています。

では、日本ではなぜ価値がなくなるのか、諸説ありますが、木造住宅の耐用年数を22年と財務省令で、定めていることが影響していると言われます。
耐用年数は会計上の償却年数にすぎませんが、実際の使用限界と思われることが多く、築20年程度で無価値と査定する業界慣行につながっていると考えられます。
また日本では建物はいずれ価値が無くなるという前提や、あまり住み替えをしない点から、メンテナンスをしないかたが多い、そのため実際に価値が下がるという悪循環もあります。

最近では政府が中古住宅市場の活性化のために、リフォーム支援・建物診断の普及、リフォームを価値に反映させるなど建物評価方法の見直し、金融業界と連携しての金融商品開発、仲介業者が消費者に情報を提供できるよう集約したデータベース構築など広範な分野に及んで様々な検討を重ねています。

日本では、まだまだ制度的にも心理的にも未整備な状況ですが、今後のためにも現在の住居は大切に管理した方が良さそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告