不動産鑑定

「空き家」の固定資産税6倍!?「空き家対策特別措置法」をご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使用していない民家を持っているかた注目、「空き家対策特別措置法」をご存知ですか?2月末から施行された法律です。
空き家の中でも行政から指導を受ける物件は、更地と同様の固定資産税になり、これまでの6倍の税が掛かります。

なぜこのような法律ができたのか?
総務省の統計によると全国に空き家は820万戸以上あり、その中には、倒壊の恐れがあったり、ホームレスのたまり場になっていたりする「危険な空き家」が予備群を含めると数多くあり、これらを減らす目的があります。

国土交通省によると、施行後から自治体ごとに空き家を調査し、5月末を目処に「特定空き家」を認定し、所有者に管理をするよう「指導」を行っていくとのこと

国土交通、総務両省は、「特定空き家」の目安として人の出入りや電気、ガス、水道の使用状況が、1年間を通して使用されていないなどの判断基準を盛り込む方針です。
また、市町村は空き家の所有者特定のため、固定資産税の納税情報を利用できるようになり、特に危険な建物の所有者に撤去や修繕の命令もできるようになります。

この「指導」に従わない場合は、いままでの6倍の固定資産税がかされます。

空き家をお持ちのかたは、これを機に資産整理をしてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告