相続対策

遺言書は勝手に開けてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サスペンス物のテレビドラマでは、「こんなものが。」などとお手伝いさんが遺言書を持ってきて、探偵が家族と一緒に開封する、なんていうシーンがあったりしますが、実はとんでもない話です。

特に自筆で書いた遺言書は、「検認」といって、裁判所で、相続人全員の前で開封しなければなりません。

でないと、法的な効力を失うことになります。

これは、誰か一人が先に見てしまった場合、その内容がその人にとって不利なものであった場合、内容を変更したものに改ざん(偽造)されてしまう可能性があるからです。

また、改ざんされていなかったとしても、後から見た人が疑う余地を与えることとなり、争いの種になりかねません。

遺言の取り扱いには十分注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告