相続対策

一番遺産を欲しがるのは?・・親の面倒を見たら損をするとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも遺産分割に当たって、何事も無ければ我々専門家は呼び出されないわけですが、やはり呼び出されるパターンというのがあります。

遺産分割協議の場合、遺言が無かったり、有っても形式が不完全で法的にNGであったり、ということが多いです。

そうなると兄弟間での話し合いになるわけですが、揉めるのは、家から出て親と疎遠になっていた人が、法定相続分を主張するケースです。

法的にはなんら問題は無いのですが、親と同居して最後まで面倒を見ていた親族(長男のケースがほとんど)にとっては、ろくろく親の顔を見にすら来なかった兄弟が同じ配分というのは納得いかない部分が有るようです。兄弟が数名居た場合は、親の近くに住んでいて、同居人の苦労を知っていたり、一緒に苦労した、等という場合は複数で対立しがちです。

一方で、請求する方もそれなりに相続について勉強して臨んできます。法的な話となれば、弱いのは同居していた親族(長男)という事もよくあります。

更に悪い事に、相続した財産が僅かな現金と自宅だけというケースが多いのです。自宅というのは親とその面倒を見た親族(長男)が住んでいる家。当然その親族は、自宅に住んでおり、これからもそこで暮らしていこうとしている所です。これをどうやって分けたらよいでしょうか?

単純に共有持分という方法があります。しかし、請求している方はお金が欲しいので、それでは納得しません。それに共有にすると、問題の先送りで、子孫が困ることになります。

自宅を売却して換価、という事になれば、そこに住んでいる親族は出て行かなければなりません。先祖代々暮らしてきた土地を去るというのは、特に田舎では何とも耐え難い事だと思われます。

他には、代償金として、現金で渡すという方法があります。親から相続した現金は無いわけですから、自宅を受け継いだ人が現金を用意するしか有りません。払えるだけの現金(預貯金)が無ければ、自宅の土地を担保に金融機関から借入をするということも有るようです。その人にすれば、親の面倒を見て散財したあげく、亡くなったら更に貯金が減ってしまう、若しくは借金を背負う訳で、踏んだり蹴ったりともいえるでしょう。

法律の判断が相続人の感情と一致しないことの典型です。

このような争いは、調停でも半年以上、裁判では数年にわたる争いになる事があります。その前に対策をしておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告