相続対策

遺言を書いたら、かえって相続人が混乱することもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言書を書いておけば、相続の時にもめない。

これは全くその通りですが、書き方によっては、逆に争いの種になる事もあります。それは、「中途半端な遺言」

遺言を公正証書にしておくなら、プロの目が通るため間違いはないのですが、自分で作成する「自筆証書遺言」の場合は特にそうなりがちです。

まず、形式が間違っているとか。「自筆証書遺言」なのにワープロで作ってあったらダメですよ。

不動産に関して言えば、不動産の「所在」は「住所」とは違うことがあります。このとき、正確に記載していないと、どれを指すのかわからずに、相続人が混乱することになります。

正しい書き方をしっかり学んでおきましょう。

自分もまた遺言書き方セミナーを開催する予定です。

参考記事:定年前後で準備したい 「もめない遺言」の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告