不動産鑑定

相続貧乏って何?・・・うちには関係ないと思っていたのに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何とか貧乏」っていうと、普通は何かにお金を掛けすぎて、生活そのものが不自由な状態になってしまうことです。

では「相続貧乏」とは?これは相続税を支払った結果、生活が不自由になる事を指すようです。

相続は誰の身にも起きます。親が亡くなれば相続発生です。その時相続税を払うのか払わないのかというところで区別されるわけではありません。

うちは財産がないから大丈夫。と思っていられるのは今年いっぱい。来年からは基礎控除額が下がるので、住宅を持っているだけでも相続税を払うことになるかもしれません。しかも、財産が今住んでいる住宅しか無かったら?相続税を払うために、その住宅を売らなければならなくなります。自分の家が無くなれば、賃貸住宅に住むしか有りませんが、当然家賃がかかります。今まで必要無かった費用です。当然生活費は家賃分厳しくなります。・・・貧乏に。

財産が不動産しかない人は、事前対策をしないと本当に貧乏になってしまうかもしれません。専門家に相談をしてみてください。

参考:日経電子版 忍び寄る相続税貧乏 「遺産=不動産」なら要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告