不動産鑑定

争族。嫁の立場は哀しいかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続人となれるのは、まずは配偶者と子で、それらが居ない場合に、親であったり兄弟であったり、又は孫が代襲相続できます。

子にはその配偶者、つまり嫁さんは含まれません。ですから、いくら介護で献身的に尽くしても、相続発生時に財産を受け取る権利は無いのです。家督相続という制度が無くなった現代では、長男以外の子が財産を分けてもらえるようになりましたし、遺留分として主張することも出来ます。これに対する嫁の手段は一つしかありません。「遺言」です。

といっても遺言を書いてもらうのは、実は大変なことです。ですから、その時になって反感を買わないように、普段から兄弟姉妹と仲良くしておくことが重要なんですね。

そんな記事がこちらです。リンク参照先:日経新聞電子版 介護尽くしたのに…嫁の悲劇 相続で蚊帳の外

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告