不動産鑑定

憂鬱なマンションの調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はこれから分譲マンションの調査ですが、憂鬱です。
競売の評価なので、中を見なければならないのですが、これが問題。
中は見るだけでなく、間取り図も作らないといけません。
今手元にある資料は、登記された建物図面だけ。つまり壁の線しかわかりません。
しかも所有者は行方不明で、解錠するとのこと。ということは、所有者から資料をもらうこともできません。
市役所で事前調査すれば、間取り図があったりするのですが、今回は週末に急に言われたため、調査する時間がありませんでした。一軒家であれば外から見ればだいたい間取りの想像がつくのですが、マンションだとそういうわけにいかず・・・。
また面倒なのは、内部の寸法。販売用の図面でもあれば(市役所にある間取り図はそうだったりする)、測って図面と合ってれば(分譲マンションの場合は、設計変更でもない限りほとんど合ってるので)○つけるだけで簡単ですが、今回はすべて一から測って記録しなければなりません。これがなかなか登記図面と寸法が合わないんだよなぁ。まあ、評価書に添付する間取り図に寸法は入らないので、そんなに正確じゃなくてもいいんですけど、ついつい。
さらに管理規約や管理費の滞納も確認しなければなりません。これは基本的には現況調査をする執行官の仕事ですが、執行官によって手際の問題が…。
とりあえず行ってきます。
↓閉じる前にクリックお願いします。あーあ、どうなることやら。
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告