不動産鑑定

「駒生町ニュータウン」分譲地 無限開発 栃木の分譲地レビュー30 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「駒生町ニュータウン」 宇都宮市駒生町2650番1付近

宇都宮市駒生町2650番1

 

 

駒生町というところは、実に広くて複雑な入り組んだ形をしています。南は宇都宮環状線のセキチューから、北は大谷パーキングエリアまで入っています。

このため、「駒生町」といわれても、街中に近い住宅地もあれば、周りが農地ばかりの処もあります。ですから「駒生町のどの辺?」と聞き返さないと場所がわかりません。

ちょっとコツを伝授すると、まず駒生町には東北自動車道が通っています。そして東北自動車道の東側は市街化区域、西側は市街化調整区域になっています。ですから、東側は住宅地域、西側は農村地域ということになります。

 

この分譲地は当然東北自動車道の東側、住宅地域の中にあります。そして駒生町の南北で言えばほぼ真ん中あたりになります。しかし東側は宝木市営住宅に隣接していますから、道幅の広い東側からアプローチすると、宝木町内のような感じです。まあ、雰囲気的にはどちらも同じですが。

 

分譲地は40区画あって、残りは2区画のみ。既にグーグルマップにも、たくさんの住宅があるように表示されています。地図で見ると、一部に宝木町の飛び地が含まれているようですが、現在の販売区画は関係有りません。

西が岡小学校へは約500m、宝木中学校へも約800m、スーパーのヨークベニマルへも約800mとアクセスは良好です。

地勢もほぼ平坦で、盛り土の心配はありません。

 

無限開発さんは、土地のみの売却で、建築条件はありませんから、自分の好きなハウスメーカーを選ぶことが出来ます。既に建物が建った区画を見ても、それぞれ違うメーカーなのがわかります。

最近値下げをしたようですが、周辺に続々と後発の分譲地が出来ていますから、競争の激しさなんでしょうね。後発組はどうしてもより安い価格で出してきますからね。ますます地価が下がるわけです。

ウォッチャーとしては、価格ではなく、品質で勝負して欲しいところです。

 

「もっと詳しく知りたい方はこちら」

「栃木の分譲地レビューのブログについて」

広告