不動産鑑定

「宇都宮市テクノポリス」分譲地 建売情報センター 栃木の分譲地レビュー14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「宇都宮市テクノポリス」 宇都宮市野高谷185番5付近

  • 宇都宮市野高谷185-5

 

こちらの会社はノーチェックでしたが、チラシが入っていたので、行ってみることにしました。一応国土交通大臣登録と言うことは、栃木県外にも営業所があるんですね。一体本社はどこにあるんでしょうか?

 

宇都宮テクノポリスエリアはここ数年で「開拓」され、区画整理された地域です。以前は野高谷町・板戸町と言って細い未舗装道路が入り組んだ土地で、ほとんどが原野状であり、知らない人が入り込んだら迷子になりそうな場所でした。自分たちのようなプロも、地図を片手に行かないと、迷ってしまう恐れがありました。今でも町名を聞くとその時の気持ちを思い出します。それが、開発が終わると、あっという間に幹線道路沿いには店舗が出来て、背後では住宅分譲がどんどんなされました。これは清原・芳賀工業団地に努める人達の需要が多かったという事ですね。

一時期はビックリするほど供給されていましたが、さすがにピークほどの勢いは無くなってきたように感じます。というのも、東日本大震災で、清原地区をはじめとする鬼怒川の東側の高台は、揺れによる被害が大きかったからだと思われます。

しかし今の新築住宅が地震の揺れで被害を受けることは、考えにくいので、そろそろ需要も枯れてきたのか、という推測も出来ます。

 

対象地は6区画あり、5区画が分譲中。南東側の一番大きいところが売れています。チラシでは1,870万円でしたが、現地に行ったら1,800万円に値下げしてました。総額帯は低くて売りやすい様な気もするのですが、やはり競争が厳しいのでしょうか。

建物は100㎡未満です。宇都宮の他の業者さんに比べると坪数にして2,3坪少ないので、間取りに反映すると、一部屋減ってしまう可能性が有ります。その分土地は約200㎡以上有るので、南側の家との間隔は十分です。

外観から見てきましたが、一般的な建売仕様です。外構もちゃんとやってあります。

 

地勢はほとんど平坦です。使い勝手に問題はありません。

 

でも売れ残っている理由は、この分譲地自体にあるのではなく、マーケットの問題だと思われます。

 

 

「もっと詳しく知りたい方はこちら」

「栃木の分譲地レビューのブログについて」

広告